大気圏や温度減レートなどに対して勉学しました

エアなどに関しまして習得しました。Pa(パスカル)はストレスの単位で、1�uの面積に1N(ニュートン)のパワーが陥ることを1Paという行う。100Pa=1hPaだ。1013hPaでは1�u位1.013×10Nのパワーがかかっています。大気圏はその高度による温度刷新のコンディションをもとに、下層から上層にかけて対流圏・成層圏・真中圏・意欲圏に区分されています。エアの分子や原子は入り乱れて熱く飛びかっています。こういうムーブメントを意欲ムーブメントといいます。エアが熱せられるといった、分子・原子のムーブメントが激しくなりますが、温度はこういう意欲ムーブメントの激しさを表すかさだ。高温で意欲ムーブメントが激しくても、エアが希薄であれば単位サイズ位の苦労かさはちっちゃいだ。地表から高度約11kmまでエアの気温は平均して100mにつき約0.65℃ずつ減少していきます。これを温度減確率といいます。この部分を対流圏とよびます。このようなことを習得しましたが、知らないことを知れて良かったです。エルセーヌ メンズ 体験談